カテゴリー
未分類

ダイヤモンド売りたい〜

いきなり本題に入ってしまいますが、もうコロナで大変なことになっていて、私も仕事が失くなる?みたいに心配している今日この頃です。


そんな時にブログを始めました。

いてもたってもいられないっていうか、ちょっと前から家族でゴタゴタしていて、かなり経済的にも大変な時期に突入しています。

旦那がいるのですが、彼もリストラになり、今は私のパートの収入でなんとかやりくりしている毎日です。

あー、子供たちがせめて成人してくれているからよかったものの、私たちってリーマンショックの時にも似たような経済的危機があったんですよ。

その時は、子供たちもまだお金がかかる時期だったので、大変でした。

でもー。
そういうのを乗り越えてきたから、今回も大丈夫かなとは思ってます。

が、私が考えたことは、何かというと。

そうだ!
ダイヤモンドを売ろう!!

ということでした。
実はつい最近思いついたことなんですけどね。

友人知人も車売ったり家売って田舎に引っ越したりって色々と聞いてるんです。

経済やばくないですか?

で、旦那の仕事が失くなり、どーしよーってなってました。

でもですね、私はバブル世代で、宝石類をたくさん持っているんですよ。


ダイヤモンドとかも結構あります。

私の世代だと婚約指輪とかも1カラットに近いものをもらっていたり、みんな派手にやっていましたよね?

金のブレスレットとかも女子大生なのにみんなしてて毛皮着て、重さとかくらべっこしてました。

きゃー。嫌味な女子大生。

そういう時代でしたよね。

私と旦那はその頃の学生時代から付き合っていて仕事を始めて数年で結婚しました。

で、もらった婚約指輪も、ティファニーの立て爪指輪なんですよ。

そりゃあ嬉しかったです。

結婚する前は結構していましたが、でももう20年以上はめてません。

そのほかにも当時、羽振りがよかった旦那にダイヤモンドはじめ、いろいろな宝石なども買ってプレゼントしてもらっていました。

だーい好きだったんですよね。宝石は。

やっぱり女性としては嫌いな人いないと思います。

特にダイヤモンドはたまたま私の誕生石だったりもしたので、お誕生日とかにも毎年指輪を購入してもらっていました。

そう思うと、いい旦那様ですよね。w

でも…

この先、生活費が払っていけなくなってしまう、という話をしていた時に、旦那が自ら、

「そう言えばお前、俺があげたダイヤモンドの宝石とか全然してないよね?もうあれ、手放してもいいんじゃないの?」

と言い出したんですね。

えぇ?
マジでー?

と一瞬びっくりしたんですけど、考えてみたら、確かに全然はめてないし、もう子どもたちの結婚式とかも終わっているから、正式の場ではめたい、なんてこともなさそうだしなー。

なんて思ってしまいました。

悲しいですけどダイヤモンド、買取してもらう時期なのかも。

ということになりました。

くー。

残念ですけど、生活していくため。

世の中の流行りの断捨離ってことで、今、引き出しの整理をしているところです。